風俗

初めての風俗

当時、お小遣い稼ぎにと始めた風俗。
まずはお店選びですが、初めて風俗専門の求人サイトを覗いてみると求人店舗数の多さにとても驚きました。
私の住んでいる地域はそんなに繁華街というわけでもないのですが、それでも多くのお店がヒットしました。
気にしてないから気が付かないだけで、わりとどこにでもこういったお店はあるものなのですね。
検索条件も豊富で、個室待機・迎付き・雑費無料やプレイ内容でも分かれていて、とても選びやすかったです。
数ある検索条件の中から、デリヘルと個室待機とぽっちゃりを打ち込み好みのお店を探すこと一日、やっと雰囲気も良く通うにも不便なく条件もぴったりのお店を見つけることができました。
お店サイトの女の子の顔写真にはモザイクも入るので、身バレの心配もありません。
意を決して、電話をすると以外にも感じのいい女の人が電話に出ました。
サクサクと面接の日を決めてドキドキの電話が終わり一安心です、後日お店に面接に行くと受付には電話の声のきれいなお姉さん、柔らかい物腰での説明に緊張も一気にほぐれました。
一日でも早く働きたかったので、その日のうちに研修も受けることにしました。
研修の指導をしてくれたのは男性だったので少し緊張しましたが、慣れてくればなんてことはありませんでした。
楽しくおしゃべりなんかも交えながら、接客の基本やテクニックなどを教わりました。
その日、人生で初めての源氏名をもらったことも嬉しかったですね。
それから、私はこのお店で2年働きましたが、それなりの額を稼げたことや楽しかったことなど、いい経験と思い出になりました。
たくさんあるお店の中から安全で自分に合ったお店を探すのは大変ですが、風俗専門の大手求人サイトから探すと安心ですしきっと自分に合ったお店を探すことができると思います。

風俗のアルバイトは本音で言っても大丈夫です

風俗で働いて12年目、酸いも甘いもかみ分けてしまったお局です。
あなたが企業の面接を受けるときに一番最初に何を言いますか?
「この会社が稼げると聞いたからです。
本当に稼げますか?」
なんて言わないでしょう。
最初は「この会社のこんなところが魅力と思った、こんな仕事がしたい」と言うと思います。
しかし風俗のアルバイトは、お金のことから切り出して大丈夫です。
「このお店が稼げると聞いたからです。
本当に稼げますか?」
一番大事なことですよね。
もちろん、まったり癒やし系とか、互いに思いやり労わり合うという情の部分もありますよ。
しかし、お客さんは気まぐれですので、その部分ばかりを追求しても仕方ないと思います。
週にいくら、月にいくら貯めるという目標を作ってそれに邁進していくのが私の体験上お勧めになります。
私は初対面のお客さんがついたときに、口には出さないけれど、「この人はお金をもっているだろうか」とついつい値踏みしてしまいます。
それでもしお金を持っていそうならば、引っ張れるだけ引っ張ろうと思ってサービスします。
こんな風に本音から入れるところが風俗という仕事の最大の魅力と思います。

お金のためと割り切った者勝ちで、あとはできるだけ短い期間でどれだけ貯めるかが勝負になると思います。
私はアルバイトでこの世界に入ったものの、長いこと居続けてしまいました。
こうなると、開き直って働ける間はずっとこの世界で働いていこうと思います